感染症予防への取り組み
CHATアーカイブス > メイクフェスティバル 2006

今年も楽しい一日でした。

メイクフェスティバル 2006


今年は、東京からメイクアップアーティスト:山口童子さん(JMAN会員)をゲストに迎え、午後はメイクとヘアのセミナー。夜はステージパフォーマンスを中心に開催しました。メイクとヘアのセミナーは、明日からすぐに使えるポイントを中心に、会場の参加者をモデルにデモンストレーションをおこないました。
「からだ化粧」は福山で初めてのお披露目。モデルの背中にみんな大注目!モデルに向かって、みんなが携帯を片手に写真を撮っている姿にパワーを感じました。化粧とは顔にするものと思っていた人達は、目から鱗!参加された方の中には、来年は「私が、からだ化粧のモデルになりた〜い!からだ鍛えよ。」なんて言う人も…。
からだ化粧のパフォーマンス中、私が2年近くかけて手に入れた本、藤井秀樹さんと小林照子先生の写真集「からだ化粧」の話とかもすると、イベント後サロンに、本を見に来る人もおられました。私自身も、写真以外で「からだ化粧」を見たのは初めて!もっともっと見たくなりました。小林照子先生の創られた「からだ化粧」この技術を持つ人はまだ、たくさんいません。とても、貴重な機会だったと思います。ひとのからだだからこそ美しい。そんな感じか好きです。モデルとメイクアップアーティストが一緒になって創るそんな感じも好きです。協力いただいたモデルさん、本当にありがとうございます。
                   by kouno
  • メイクフェスティバル 2006
  • メイクフェスティバル 2006
ステージパフォーマンス
トレンドメイク
MAKE&HAIR Sinobu Ikeda
艶やかな肌にナチュラルなブラウンをポイントにしたメイクです。
撮影タイム
仕上がりと同時に携帯がいっぱい!
ハイ!ポーズ!
モデルさんが、仕上がってクロスをはずすと、抜群のスタイルに「わぁ〜」と声が上がりました。小さな顔に長い手足は、メイクイメージをよりグラマラスに近づけてくれました。
キモノ×化粧
水おしろいを使ってのメイク。日本古来の色。白・黒・赤を意識したメイクに仕上げました。
舞台裏
ステージモデルお疲れ様でした。古典・レトロ・遊ぶをテーマにそれぞれの着物に合わせてヘアメイクや着付をしました。短い丈の着物、帯にチェーンやパールのベルト、ブーツはとてもキュートで新鮮です。
『からだ化粧』
HAIR&MAKE Toko Yamaguchi
モデルで協力してくれた方の職業はジャザサイズのインストラクター。鍛えられた筋肉と、しなやかな肌に山口さんも大満足!東京にいたらモデルをお願いしたい…と言われてました。
バックリンク(10) 参照(8431)